住み慣れた不動産物件を売却することに決めました

複数の不動産会社に査定と売却依頼されることをおすすめします

一戸建てに10年ほど住んでいましたが、家族の仕事の都合で転勤になったため売却をする方向で地元の不動産会社1社に相談した経験があります。その当時、住宅ローンの返済金額が購入価格の半分程度残っていたので、売却価格はこの住宅ローンの返済金額に100万円程度加えた価格を希望していました。 住んでいた一戸建て住宅は角地だったので早く売却することができるのではないかと思っていましたが、転居から数ヶ月経過しても実際に見学をする人が現れたけど良い連絡がなかったため不動産会社を経営し始めたばかりの友人に連絡をし相談することにしたのです。そこで提案されたのが貸し出すというもので、友人が賃貸物件として情報を公開したところ事務所として利用したいという方が現れたので、実際には住んでいた一戸建てを友人が買い取ってくれることになり住宅ローンの残高分程度になってしまいましたが売却をすることができました。 この経験で感じた事は、1社の不動産会社にしか査定と売却を依頼していなかったので複数の不動産会社に査定をしてもらって売却の相談をしていたとしたら、もう少し良い結果が早く期待できたのではないかと思い皆さんには複数の不動産会社に査定を依頼されることをおすすめします。

子供がいなくなった部屋が広い… / 将来のことも考えてマンションを探す / 思い出の詰まった家は売却することに / 複数の不動産会社に査定と売却依頼されることをおすすめします