住み慣れた不動産物件を売却することに決めました

子供がいなくなった部屋が広い…

不動産 売却不動産価格.net

25年ほど前に、子どもが小学校に入学することを考えて、一戸建てに引っ越すことにしました。
それまでは賃貸アパートに住んでいたので、壁が薄かったことから近所に迷惑をかけないようにしなければならないと神経をとがらせていました。
部屋の広さや数にも限りがあったので、寝るときは家族全員で川の字にならなければなりませんでしたし、収納が少ないので部屋が雑然としていました。
子どもの成長のためにも自分だけの空間は必要だと強く感じていたので、一戸建てへの引越しを決めました。
住宅ローンを組むこともできましたし、結婚してから節約を心掛けていたので頭金もためることができていたのが良かったようです。
気に入った不動産を見つけることができたので、分譲住宅でしたがとても楽しい毎日を過ごしていました。
しかし年月がたつとともに、子どもも大学生になって親元を離れて一人暮らしを始めました。
卒業してからも社会人として独り立ちをすることになり、もう実家には戻ってくる可能性は少なくなりました。
そうなると夫との二人だけの生活になり、使わない部屋が多くなりました。
部屋が多ければ多いほど掃除の手間もかかりますし、もったいないことをしているという実感を抱きます。

子供がいなくなった部屋が広い… / 将来のことも考えてマンションを探す / 思い出の詰まった家は売却することに / 複数の不動産会社に査定と売却依頼されることをおすすめします